第19回長野県障がい者スポーツ大会

2019年(令和元年)9月8日(日曜日)に松本平広域公園陸上競技場で開催された長野県障がい者スポーツ大会に、信州 伴走・伴歩協会から2名のランナーが出場し、見事入賞しました!1位2位のワンツーフィニッシュです。

障がい者スポーツ大会全員集合写真

当日は残暑が厳しく、大変暑い一日となりましたが、青空も広がり清々しく走ることができました。気温の上昇とともに、応援に駆け付けた協会員の応援にも熱が入りました。

日ごろの運動・トレーニング・ランニング練習が実を結びました。
ランナーのみならず、伴走者・応援者全員で大喜びです。

これからも引き続き、ケガなく、安全に、長く運動を続けていけるよう、みんな協力して盛り上げていきたいです。


信州 伴走・伴歩協会は、障がいの有無にかかわらず、年齢・性別を問わず、多くの人に体を動かす楽しさを伝えていきたいと願って活動しています。まずは一緒に大きく腕を振って歩いてみませんか!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。